よくみる、よくきく、よくかんがえて。

ダイアリー

色水、虫取り…秋の遊びも始まってます♪

今日で8月も終わり。いよいよ9月…秋になりますね。

園庭で育てている水稲も花を付けていよいよ出穂。お米が出来るのが楽しみです(^^)

2期も始まって1週間が過ぎて、子どもたちもだいぶ生活のリズムを取りもどしてきたようです。
お友達との遊びもペースが出来はじめ、園庭でも自然の環境を感じとって1期とはまた違う遊びを楽しんでいるようです。

「先生、見て!」
朝顔の花から作った色水遊びはこの時期の定番。夏の花としてみんなの目を楽しませた後、子どもたちの楽しい遊びに活用されています。
透明な水からきれいなピンク色に変わる様子。そこにある不思議さと美しさ。そこで感じるものは言葉には出来なくても、何より大切な経験じゃないかと思います。

「ママに見せるんだ♪」嬉しい事は一緒に喜んで欲しいんだよね

「ママに見せるんだ♪」嬉しい事は一緒に喜んで欲しいんだよね

「出来たよ~!」絵の具やPCでは出せない、自然の美しさ

「出来たよ~!」絵の具やPCでは出せない、自然の美しさ

園庭にはバッタやトンボといった秋の虫も増えてきました。
運動会を控えつつ、子どもたちの遊びも大充実です(^-^)

いつの時代も、虫取りは男の子の定番のあそびです(^^)

いつの時代も、虫取りは男の子の定番のあそびです(^^)

第2保育期が始まりました!

今日(24日)からいよいよ第2保育期が始まりました。

預かり保育があったとは言え、同じクラスのお友達とじっくり遊ぶのは久しぶりになるお子さん達。
「○○ちゃん、早く虫取りに行こうよ!」
「ままごとしようよ!○○ちゃん、何になる?」
思い出話と言うよりも、やっぱり遊びたい気持ちがいっぱいのお子さん達でした。

待ちに待ってた始業式!元気に園歌も歌えました(^^)

待ちに待ってた始業式!元気に園歌も歌えました(^^)

お集まり…どんなお話ししてるかな?

お集まり…どんなお話ししてるかな?

先生のお話をジーッと聞く年中さん…真剣ですね

先生のお話をジーッと聞く年中さん…真剣ですね

第2保育期は長く、遊びも行事もいっぱい詰まっています。

ふとした時の優しさ。
思いがけないようなアイデア。
今まで見たこと無いようなお子さんの一面。

瞬間瞬間にあるお子さんの成長をたくさん感じていきたいと思います。

今期もどうぞよろしくお願いいたします。

幼稚園でお泊まり♪(年長:お泊まり保育)

夏休みが始まりました!お家で過ごしたり、故郷に帰ったり、園長や学童保育で過ごしたり…。皆さんそれぞれの夏休みを過ごしているようです。
日本全体が災害レベルの酷暑となっております。お子さまのみならずご家族の皆様におかれましても、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

そうした中、早速行った年長組のメインイベントの一つ「お泊まり保育」。お家で、パパやママから離れて泊まるのは初めてというお子さんも少なくなく、少なからず不安な気持ちを持ちながら臨んだお子さんもいたようです。

始まってしまうと、そこは一人じゃなくて友だちと一緒に過ごす幼稚園の夜。
「カレー、美味しい!おかわりして良いの?」
「僕、もう3杯目だよ!」
と楽しく夕ごはんを食べた後は、男女それぞれに時間をずらして大きなお風呂で入浴!
その後は園庭での花火鑑賞☆

晩ごはんはみんなでカレー♪美味しいね(^^)

晩ごはんはみんなでカレー♪美味しいね(^^)

「1、2,3,4,5・・・・25!」
連発打ち上げ花火をみんなで数えたり、
「うわぁ…きれい!」
と吹き上げ花火や(いわゆる)ナイアガラに見入ったり…。お家の花火とはひと味違う花火をみんなで楽しんでいた様です。

9時に就寝ですが、興奮してなかなか眠れなかったりするお子さんもチラホラ。
とは言え、いつの間にか意識は夢の中…。どんな夢を見ていたんでしょうね(^^)

自分達で布団の準備!

自分達で布団の準備!

翌日も、宝もの探しやすいか割り、そして何よりみんなで食べた美味しい朝ご飯。楽しい夏の思い出が出来たようです。

すいか割り…この後割れたかな?(>_

すいか割り…この後割れたかな?(>_<)[/caption] [caption id="attachment_3660" align="alignnone" width="300"]応援したり、笑いあったり。楽しいひととき(^-^) 応援したり、笑いあったり。楽しいひととき(^-^)

宝探しゲームは協力しないとね!(^_-)

宝探しゲームは協力しないとね!(^_-)

小さな不安を乗り越えて、心の中にまた一つ、小さな自信が生まれた年長組さん達!
楽しみながら、よく頑張れましたね(^o^)

子ども向け防災教育…ボウサイザーショー!

11日(水)にJA共済さん(ふくしま防災アクション)、ラジオ福島さんのご協力による「子ども向け防災教室」を全園児を対象に行いました。

この開催に向けては前から練っていたものですが、先週から今週にかけて西日本では豪雨による水害が広範囲で発生しました。
尊い命が奪われ、現在も困難に面している方々も多くいらっしゃいます。
私たちも2011年に東日本大震災を経験しました。今すぐ出来る手助け、長期的にしなくてはいけない手助けが多くあります。
一人ひとり、そして園としても出来ることをし、支えていけたらと考えております。

さて話は戻りますが、今回の防災教育では、子ども達に向けて地震や水害のみならず、火災、津波、火山の噴火など世の中には様々な災害があるということが子ども達にも伝わったのではないかなと思います。防災士の藁谷さんが行って下さった紙芝居の中の言葉にもありましたように「普通でいることが一番ありがたい」という気持ち。それこそ私たちは東日本大震災を通じて痛感していることです。それを経験していない今の子ども達にも、今回を含めた何らかの形で思いを伝えていけたらと思います。

防災士さんによる読み聞かせ(津波の場面です)

防災士さんによる読み聞かせ(津波の場面です)

後半では、ボウエンレッド・ボウスイブルー・タイシンイエローの三人組「防災戦隊ボウサイザー」によるショーとお話。
迫力のある音響と、キレの良いボウサイザーさん達の動きに子ども達も大喜び!
楽しかった♪ぼうさいのうた♪の中でも
「じしんのときは、さぁ、ひをとめろ!」
「(水害の時)でちゃだめだよ、かわにもいかずに たかいところにひなんだ」
「(火災の時)えんまく、けむり、ひくいしせいでゴー!」

と、歌詞の中で大切なことを学んだようです。

ボウサイザー、参上!

ボウサイザー、参上!

不安になって先生に膝だっこ(*^^*)

不安になって先生に膝だっこ(*^^*)

歌に合わせて、元気に体操!

歌に合わせて、元気に体操!

最後にみんなで、元気に「オーッ!」

最後にみんなで、元気に「オーッ!」

もちろん、一度行ったから全てを学んで、覚えて、実践できるわけではありません。
これからも防災について園および学園全体で、安全を考えてまいりたいと思います。

素敵なプレゼントも頂きました♪

素敵なプレゼントも頂きました♪

ぼうさいのうた

ぼうさいのうた

年長組さん文学の森資料館への“遠足”

現在、郡山市の文学の森資料館では特別企画展として「にじいろのさかな原画展 ~マーカス・フィスターの世界~」を開催しています。今回、年長組さんは子ども達にも馴染みがある絵本の企画ということもあり、見学に行くことにしました。
そして今回は“歩いて”行く…本当の意味の遠足でした(^^)

幼稚園から文学の森資料館までは片道25分程。小学校の通学だと決して無い距離ではありません。小学校に向けての良い経験でもあったと思います。
行きは「あ!アメンボウいたよ!」「虫見つけた!」「こんなとこに川があったんだね!」小学校で言うところのちょっとした街探検。車の移動が多いこの頃のお子さんにとっては、歩きのスピードの中で多くの発見があったようです。

資料館に歩いて向かう中で発見もいっぱい♪

資料館に歩いて向かう中で発見もいっぱい♪

きれいなお花も発見!

きれいなお花も発見!

資料館に到着して中に入ると、きれいな原画がたくさん!ここで写真は出しませんが、一筆一筆、一色への思いなどを感じとることが出来、お子さん達も真剣に見入っていました。資料館の方々も丁寧に対応して下さり、子ども達の関心を広げて下さっていました。ありがとうございました。

幼稚園で読んでもらってた絵本なので、興味津々で説明を聞いていましたね

幼稚園で読んでもらってた絵本なので、興味津々で説明を聞いていましたね

展示を見た後は、隣にある「久米正雄記念館」にも足を運びました。
この建物は、久米正雄が晩年まで暮らした鎌倉の住居をそのまま移設したものとのことです。それに私もビックリしました。大正の雰囲気がいっぱいの建物に多くの資料。お子さん達も細かいことは分からずも、その雰囲気を楽しんでいたようです。

記念館の中は、まさに大正ロマン。これだけでも一見の価値ありです(^^)

記念館の中は、まさに大正ロマン。これだけでも一見の価値ありです(^^)

最後にご挨拶「ありがとうございました。」

最後にご挨拶「ありがとうございました。」

帰り道ももちろん歩きで幼稚園に。いっぱい動いて、お腹もペコペコ。
お昼ご飯もいつも以上に美味しかったでしょうね(^^)

帰り道もしっかり歩いたよ!

帰り道もしっかり歩いたよ!

気持ちが広がる♪学年入り混じってのお店屋さんごっこ(^o^)

本園は基本的には縦割り・混合保育というクラス編成はしてないのですが、遊びを介する中で子ども達自身があちらこちら、あらゆるタイミングで能動的に関係を縦に横に広げていきます。

この前展開してたお店やさんごっこもそうでした。
大きい組さんが家で作ってきたらしいアイス屋さんの作品。登園するや否や早速アイス屋さんの開店!
“面白そう!”なことはあっという間に見つけるお子さん達。あれよあれよという間に、アイス屋さんは大繁盛!大きい組さんから小さい組さんが入り混じっての楽しい遊びに発展しました♪

アイスやさん、開店!!美味しそうでしょ?(^o^)

アイスやさん、開店!!美味しそうでしょ?(^o^)

色んな味のアイスだよ♪美味しいね!(^o^)

色んな味のアイスだよ♪美味しいね!(^o^)

しばらくすると、お店やさんの売る人が年中組さんに変わってて笑ってしまいましたけど、その様子を側でニコニコしながら見てあげている元々売っていた年長組さんの表情がまた素敵でした(^^)
先日の父母の講座(というより、参観日でのお話)でもこの話はさせていただき、大人の会社で考えたらM&Aとか企業乗っ取りですよねなんて笑い話にしてしまいましたけど、子ども達にとっては“お店屋さんの楽しさ”をみんなで楽しみたい気持ちの一部なんだなと、改めて学ばせてもらった気がします。

“楽しい!”のお裾分け(^^)

“楽しい!”のお裾分け(^^)

子どもが元々持っている、そんな素直で、繋がりたい気持ち。
真っ直ぐ育んでいきたいですね。

お問い合わせ

直通

〒963-8851 福島県郡山市開成3丁目25番2号