幼稚園ダイアリー

秋空の下、稲刈り遠足♪(年長組)

2018.09.28

秋雨が続き、台風も上陸する予想となっているその合間の秋空の下、待ちに待ってた年長組の稲刈り遠足が行われました。
幼稚園でのみに田んぼでの収穫は行いましたが、本格的な田んぼに行くのは久しぶり。春に植えた稲がどのくらい育っているか…ワクワクしながら行ってきました(^^)

「わ~!田んぼが黄色くなってるね!」
「見て見て!バッタがいたよ!」

田んぼに到着!良い天気♪

田んぼに到着!良い天気♪

思い思いに気持ちを言葉にしながら田んぼに到着!
お姉さん達の稲刈りの様子を見た後は、いよいよ自分達が本物の鎌を持って稲刈りです!
「行く前はドキドキしてたけど、上手に出来たから嬉しかった~!」
「すっごくいっぱい(お米が)とれたね!」
稲刈りが終わった後、こんな言葉が聞かれました。鎌を持って刈っているときは真剣そのもの。文字通り、ドキドキしながら緊張して…ケガも無く行う事が出来ました(^^)

大事に大事に…一生懸命刈った稲を運びました

大事に大事に…一生懸命刈った稲を運びました

みんなで「やった~!」大喜び(^^)v

みんなで「やった~!」大喜び(^^)v

稲刈りが終わった後は、JAさんのご協力で市場でご飯♪
新米のおにぎりと具だくさん豚汁。“楽しい労働”で汗をかいた後には最高のご馳走でした。JA福島さくら様、本当にありがとうございました。

「おにぎり美味しい!」「塩おにぎり大好き!」美味しいご飯、ありがとうございました(^^)

「おにぎり美味しい!」「塩おにぎり大好き!」美味しいご飯、ありがとうございました(^^)

ちなみに、最後の写真はデザートの梨を友だちとどう分けるかのやり取りをしている男の子達の姿です。それぞれの主張がありつつ、友だちとどう“着地点”を見つけるか…これこそが本当の学びだなぁ、と年長さんらしいやり取りを間近に見る事が出来て、これもまた楽しかったです。私は担任が側にいても全く頼る事無く解決した年長さん、立派でした!(概念としての“1/3”も見つけたようです(^^))

梨をどう分け合うかという課題に立ち向かっているお子さん達。スゴイ学びです。

梨をどう分け合うかという課題に立ち向かっているお子さん達。スゴイ学びです。