附属幼稚園の放射線対策

ガンマカメラ撮影によるリスクコミュニケーション支援事業

2013.03.15

ガンマカメラ撮影

ガンマカメラ撮影

本日、本園に環境省福島環境再生事業所様より「ガンマカメラ撮影によるリスクコミュニケーション支援事業」の一環として、ガンマカメラによる放射線量の可視化の為の撮影画行われました。
可視化された映像は絶対的なSv値とかでは無く相対的なものを可視化した画像でありますが、除染後の効果の可視化などの中で安全性の理解や安心の一助となるものと思われます。
同時に線量なども計って行かれましたが、お子さん達の保育活動の場所においてほぼ0.11~0.16の間の中の数値でしたので併せてお知らせ致します。

今回の結果は後日通知されますが、本園ではその結果も含め、より安全な保育環境の改善を行ってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。