附属幼稚園からのお知らせ

園長先生のつぶやき~保育コラム5月~

2013.05.24

「あのね、小さい頃ね…」

 年長さんや年中さんのお子さん達と話していると、よく「あのね、ちいさいころはね…」とか「あのね、むかしね…」という言葉が良く出てきます。大人の私達が聞いていると「いやいや、まだまだ皆『小さい頃』だから」などと思ったりしますが、お子さん達にとっては1年前は遙か昔のこと。それだけ大人と子どもとでは同じ時間でもその密度が違うのかな、と思ってしまいます。
 去年の今頃はバスに乗ってくるのにも泣きながら来てた男の子。今ではすっかり立派な年長組さんになって、私が「○○くん、この小さい子と手を繋いで、○○組さんまで送っていってあげてくれる?」と声をかけると、静かに頷いてそっと、恐る恐る手を繋いでお部屋まで送っていってくれました。まるでガラスの花瓶を運ぶかのように、丁寧に、静々と。無事にお部屋まで送り届けると、別の子を送っていったお友だちと「よしっ!」と小さくガッツポーズ!1年前という遙か昔の自分にバイバイして、確かな一歩を踏みしめた、自信に満ちた表情を浮かべていました。

小さいお友だちの安心に、大きい組さんの自信に

小さいお友だちの安心に、大きい組さんの自信に

 今年度はまだ始まったばかり。1年先の自分なんてお子さん達は想像もしないと思いますが、一歩一歩の先にあるお子さん達はどんな姿に成長しているのでしょうね。
 寒暖の差はまだありますがいよいよ本格的な春本番!年齢や一人ひとりの成長段階の中で、お友だちとの楽しい遊びが充実してきます。お部屋や外での遊び、そして遠足など、それぞれの環境の中で、充実した時間が体験できるようにしてまいりたいと思います。

(園長 賀門 康博)