附属幼稚園からのお知らせ

園長先生のつぶやき~「小っちゃな手、小っちゃい動き」~

2013.10.06

 運動会では多くのご協力をいただき、誠にありがとうございました。おかげさまでお子さん達の笑顔と、真剣なまなざしがいっぱい溢れた運動会になったかと思います。心より感謝申し上げます。
 運動会が終わり、本園では“もみじ会”に向けての気持ちを向けていきます。運動会の中で身体全体を力強く使った後は、手(指)そのものを使って作ったり、手に針や糸、金づちや釘を持って、細かな作業を楽しんでいきます。
 先日見ていた年中さんの紙粘土製作でも、手の中でこねられる粘土の堅さや形、そして温度といった変化をその小さな手で感じながら、思い思いの形を細かく指を動かしながら作り上げていました。運動会の様な活動との対比で“動と静”と良く比喩されますが、見た目の動きの大きさが違うだけで、精いっぱい気持ちを使っているのはどちらも同じ。ですからいっぱい疲れるのも同じです。

思いを指先に…

思いを指先に…

 虫やきれいな花や落ち葉を探して駆け回ったり、そうやって見つけた宝ものをじーっと見る仕草…一つひとつの心の動きを大事にしながら、もみじ会や遠足といった秋本番をお子さん達と楽しんでまいりたいと思います。その成果の一端でもあります、もみじ会展示も是非ご覧いただき、楽しんで下されば幸いです。

指の先“から”…そして指の先“に”

指の先“から”…そして指の先“に”