幼稚園ダイアリー

明日の学園葬に向けて

2013.01.28

既報の通り、明日は本学名誉学園長・名誉学長であられた関口富左先生の学園葬が行われます。
ただ、進行と時間の関係もあり(長時間に及びます)午前中の学園関係者向けの学園葬への園児の参加は年長組だけになります。

とはいえ、この幼稚園を作った富左先生のことを園児にも伝え、今も元気に育つ附属の子の姿をお目にかけて、安らかに眠っていただきたく、保育の中でお集まりをしました。

在園児の中で直接富左先生と会ったことがある子は少ないのですが、年長組のお子さん達は運動会などで会ったことを良く覚えていてくれていました。
最後に拝見することが出来た今年度のもみじ会で握手をすることが出来た男の子は、その握手をした感想を「ざらざらしてた」って言ってくれました。そう。今まで幾つもの努力を重ねて、いっぱい頑張ってきた手がそれなんだよ…と伝えました。

手を合わせ、富左先生が作詞をなさった「園歌 ふぞくのこども」を元気に歌いました。天まで届くように。