幼稚園ダイアリー

秋の楽しみ…落ち葉遊び!(^^)

2017.11.06

今日(6日)は空に一点の雲も無い秋晴れの中での保育!こういう日は、子ども達はこぞって外で自然と戯れます。幼稚園にある銀杏の木も一気に黄色く色づき、風に揺れる度に子ども達に落ち葉をプレゼントしてくれています。
澄み渡る青空と木々の色づき。そうした園庭に響くお子さん達の楽しそうな声と笑顔。こういう日はつくづく保育という中で、子ども達と触れ合える楽しさや喜びを感じます。

幼稚園のイチョウ。私も大好きな秋の景色です。

幼稚園のイチョウ。私も大好きな秋の景色です。

園庭の奥側にある“杜の広場”にはケヤキの落ち葉がいっぱい!子ども達も葉っぱを雪のように振らせたり、足に盛ってみたり…「こっちは赤いね!」「こっちの色はもっと紅いよ!」と同じ“あか”でも一つひとつの葉っぱで違う彩りの違いに気づき、楽しんでいました。こういう感性は自然の中でないとなかなか育たないように思います。

赤や黄色という色
カサカサという音
落ち葉特有の乾いた感触
木々の香り

お子さん達が大人以上に鋭敏な五感を通じて、自然の豊かさを体の中に染みこませているようです。

時間の経つのも忘れるくらいに夢中になった落ち葉遊び。
ここ1週間程度は楽しめそうです(^^)

葉っぱの感触と香りに囲まれて「ごろ~ん」

葉っぱの感触と香りに囲まれて「ごろ~ん」

「えいっ!」

「えいっ!」

聴覚、感触、嗅覚、視覚…体全身で秋を感じてます(^^)

聴覚、感触、嗅覚、視覚…体全身で秋を感じてます(^^)