幼稚園ダイアリー

楽しく頑張ったね!発表会!(^o^)

2016.12.08

一つ前の投稿にも書きましたが、3日の土曜日は、年中組と年長組「ぼくとわたしの発表会」を行いました!

決して豪華絢爛、壮大な“見せる形ありき”の発表ではなく、子ども達の普段の生活(=遊び込み)と繋がった内容を昇華した発表が本園での発表会です。なので、発表そのものの達成感も大切ですが、それと同等以上に、演じる内容を「こうしたら良いね!」「こうした方が良いんじゃない?」「僕たち、こうしたいなぁ」と子ども達同士で話し合って作り上げていく過程そのものが、大切なものでした。

忍者が流行っていたクラスからは忍者のお話。隠れ身の術!や、走る時のポーズとか、子ども達なりの発想がいっぱいでしたね!
風邪をひいたお友だちを、元気にしてあげたくて、みんなでプリンを作ってあげる…そんな優しさいっぱいの劇は見ているだけで心が温かくなりました。
お祭りが大好きなお友だちからは、やっぱり出てきましたね、“お神輿”(^^) 歌や踊り、みんなで作り上げていくお祭りは楽しそうだったね(^^)
いつも見ている人形劇を今度は自分達で遊びながら、それをお家の人に見てもらった人形劇。何か(ここでは人形)を介して表現することって、思いの外難しいんですが、人形の動きとかも一生懸命頑張って考えてたね!
年中組さんも大きい組さんに負けないくらい元気に、そして大きな声や動きで演じることが出来てて立派でしたね。

一人一人の思い(そこには先生達の思いもこもっています)が詰まった素敵な発表会でした。
みんな、一生懸命がんばってくれたね!ありがとう!(^^)

あれ?誰もいない…?「忍法、隠れ身の術!」でした(^^)

あれ?誰もいない…?「忍法、隠れ身の術!」でした(^^)

大きな木…切ることが出来るかな?

大きな木…切ることが出来るかな?

年中さんも劇表現に挑戦!(^^)

年中さんも劇表現に挑戦!(^^)

年中さんも可愛いダンスと歌を披露♪

年中さんも可愛いダンスと歌を披露♪

いつもお部屋で楽しんでいる人形遊びから発展しての演技でした(^^)

いつもお部屋で楽しんでいる人形遊びから発展しての演技でした(^^)