幼稚園ダイアリー

みんなの基地(^^)

2016.02.23

入園したての頃は初めて顔を見る間柄だった年少さん達。
一年近く、幼稚園という生活の場で一緒に時間を過ごす中でその間柄もとっても密になり、友だちといることがすっかり生活の一部です。

そんな年少さんのお気に入りは中庭にあるままごとハウス。それぞれの遊びが交わり、新しい「そうだ!良いこと考えた!」が生まれて、「いいね!じゃあ、あっちに行ってみよう!」と、また基地を離れていきます。

そういう姿を見ていると、ドラえもんでのび太やジャイアン達がよく集まる土管のある空き地を思い浮かべます。誰の空間でもない(厳密に言えば土地の所有者はいますが)場所に気持ちが繋がった友だち同士で自然と集まり、話をする中で自分達で新しい何かを作り出していく…。簡単なようですが、言われるがままよりも日常的に新しい発想を創り出すことは大変なこと。子ども達のエネルギーにはいつも感心です(^^)

「おまたせ~!」“いつものみんな”が寄ってきます

「おまたせ~!」“いつものみんな”が寄ってきます

クラスの垣根も越えて、次の遊びを創ってます(^^)

クラスの垣根も越えて、次の遊びを創ってます(^^)

もちろん年中さんも(^^) 体の動きも徐々に年長さんに近づいてきたね

もちろん年中さんも(^^) 体の動きも徐々に年長さんに近づいてきたね

 さて、今日はどんな“何か”が出てくるでしょうね(^-^)