幼稚園ダイアリー

新学期、お昼ご飯もスタート!お子さん達はいかがですか?

2014.04.25

始業式や入園式といった大人にとってもお子さん達にとっても区切りとなる日を過ぎ、お子さん達はいよいよ本格的な「幼稚園がある毎日」に馴染んできています。

創立記念のお集まり…少しずつ“みんなで一緒に”

創立記念のお集まり…少しずつ“みんなで一緒に”

♪むすんで ひらいて~  その手を・・・・どこだろう?(^^)

♪むすんで ひらいて~  その手を・・・・どこだろう?(^^)

馴染んできている…と書いたものの、まだまだお子さんによって幼稚園という世界の見え方が違うはず。

“今までお家だったのに、いっぱい子どもがいる!”
“○○したいけど、誰に言えば良いのかなぁ”
“○○使いたいのに、誰かに“取られ”た~!”

楽しいことと一緒に、今まで無かった不安は不満も自分の中に入ってくるのが集団生活の一歩としての幼稚園。
まだまだ自分だけの視点(気持ち)が中心で、それすらもまだ十分に言葉に出来ないもどかしさもある年少~年中さんです。
状況を見て、気持ちと言葉の橋渡しをしながら
“○○ちゃんの気持ちはこうだったんだ!”
と、気づいていく経験を少しずつ積むことで、友だちとして深く繋がり、楽しみ、(時にはぶつかりながら)大人ではもう経験できないような深く、濃密な時間を過ごします。

初めてのお昼。「次は先生何をするのかなぁ…」先生の一挙手一投足に視線が集まります(^^)

初めてのお昼。「次は先生何をするのかなぁ…」先生の一挙手一投足に視線が集まります(^^)

今のためでは無く、未来のための今という時間。

担任共々、幼稚園全体でお子さん達と一緒にたのしんでいます(^^)

23日からは午後保育が始まりました(^o^)
初めての幼稚園でのお昼ご飯(水曜日なのでお弁当でしたが)で…
「園長先生!みて~!可愛いでしょ!」
「ママが作ってくれたの!」
「早くたべたーい!」

食べ始まる前から嬉しそうなお子さん達(^^)

待ちに待ってたお弁当♪「いただきまーす!」

待ちに待ってたお弁当♪「いただきまーす!」

「見て見て!ぜーーんぶ食べたよ!」
「わたしも~!」

お隣の部屋でも「いただきまーす(^O^)」

お隣の部屋でも「いただきまーす(^O^)」

この日のお弁当…お家に帰ってきてお家の方もお弁当箱を洗いながら色々思ったのではないでしょうか。

「全部食べてくれるとやっぱり嬉しい(^^)」

と思ったり…

「食べ残して…多かったのかしら?」
「ちゃんと食べること出来てるのかしら?」

いっぱい食べて欲しい気持ち…すごく分かります(^^)
でも、まだまだ小さいからだに、興味津々な幼稚園という環境。ちょっぴり残してしまうこともあるかもしれません。
そういう時は担任とも話しながらちょっとずつ量を調整していただけるとありがたいです。

ぜーんぶたべたよ!(^o^)

ぜーんぶたべたよ!(^o^)

お家や以前とは違う環境の中…親から離れたところでのお子さんの様子をそういった食事の面からも垣間見ることが出来ます。そこを理解することで、(わが子ながら)お子さんの違う一面や育ちを感じることが出来ると思います。
ちなみに、私とかは自分の子どもの様子を上靴洗いから垣間見ていました。その汚れでその週の活動の様子が感じとれたり、徐々に汚れが少なくなることで成長を感じたり…。

お子さんの成長の跡のヒントは、実は色々なところにあります。それを見つけるのも、子育ての楽しみ!
不安な所は先生に聞きながら…子育て、子育ちを楽しみましょう(^o^)