幼稚園ダイアリー

始業式、入園式…いよいよ“幼稚園”のはじまり!

2014.04.11

 10日に行われた第60回郡山女子大学附属幼稚園 入園式にはたくさんの方にお越しいただき、またお祝いのお言葉を頂戴し、誠にありがとうございました。
おかげさまで、無事第60回入園式を行い、本格的に新しい年度を始めることが出来ました。

 在園児のお子さん達は始業式から新年度が始まっていたので
「小さい子達はいつ来るの?」
「お世話しないと泣いちゃうんだよね?」

等々と、まだ見たことのない新しいお子さん達に、色々と想像を膨らませつつ、この数日間を過ごしていたようでした(^^)

入園式の次の日。「小さい組さん、大丈夫かなぁ」と心配しながら、去年の自分の組を覗く年中組さんの姿もちらほら(^^)

入園式の次の日。「小さい組さん、大丈夫かなぁ」と心配しながら、去年の自分の組を覗く年中組さんの姿もちらほら(^^)

 そしていよいよ入園式!(^o^)
新しいお友だちも元気に
「はーい!」
とお返事が出来て、附属幼稚園のお友だちになれました(^^)

年長組さんからのお祝いの言葉…私たちとしてはその年長さんの成長にもグッとくるものが…

年長組さんからのお祝いの言葉…私たちとしてはその年長さんの成長にもグッとくるものが…

手作りのペンダントをプレゼント。 「おめでとう」の言葉と共に(^^)

手作りのペンダントをプレゼント。 「おめでとう」の言葉と共に(^^)

 式の中でも少し触れましたが、お家から幼稚園という変化の中で、お子さん達が大人が考える以上に自分の周りの状況を“よくみて よくきいて よくかんがえて”生活をしています。(だからこそ、保育者のちょっとした動きもよく見られているので、大事になってきます)
「よく考える」中で、自分の感覚からの発想…感性を磨き、小学校の学びへと繋がっていく事こそが、幼稚園という生活の中で育つべきところだと私たちは考えます。

お家のお父さん、お母さん達だけでは無く、幼稚園の先生やお友だち、そしてお友だちのお父さんやお母さんと一緒に、すくすくと育っていける一年にしてまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。