幼稚園ダイアリー

天気は暑く…体と心は熱く!

2013.09.04

若干涼しくなってきたとは言え、まだまだ暑い日が続いております。

保育室にエアコンは完備されてはいますが、子ども達にとって“気持ちよく体を動かす”事は、身体と共に頭も気持ちもいっぱい動かします。

「見ててね、跳べるんだよ!」…たか~いジャンプ!

「見ててね、跳べるんだよ!」…たか~いジャンプ!

「縄飛び出来ないんだけど、どうしたら上手になるかなぁ…」
「じゃあ私が教えてあげる!」

「うーん、とね。こうやってね…」そんな声が聞こえそうですね

「うーん、とね。こうやってね…」そんな声が聞こえそうですね

そんなやりとりが年中さんや年長さんでは聞こえてきます。
そのことが出来る事以上に、その過程で相手のことを考える気持ちが育って、「ほら!できたね!!!」って、一緒になって喜んでくれる気持ちが育つことの方が、とても価値があります。

目に見える育ちと共に、保護者の方や私たち保育者といった、お子さん達の側に寄りそうからこそ見えてくるそういった育ちを、大切にしながら伝え合い、家庭と幼稚園の両輪でお子さん達の大事な心の宝を磨いていければな、と思います。

29日には2期最初のプール遊びも出来ました(^O^)

「また、“修行”してー!!!」
とホースから出る水に、頭を向けて目をつむり、手を合わせる子ども達も(どこで覚えるんでしょうね(苦笑))。
最初は水が怖くて泣いていたようなお子さんも、水に慣れるにつれ、友だちと水をかけ合ったり、先生の側にいながらあちこちプールの中を散歩して楽しむようになりました(^^)

小っちゃいお子さん達にとっては“修行”も大きな冒険!

小っちゃいお子さん達にとっては“修行”も大きな冒険!

もう一回くらい、入れると良いね(^-^)

もう一回くらい、入れると良いね(^-^)

夏から秋へ…季節は変わっていきますけど、子ども達の心はもう少し“夏”でいたいようですね(^O^)